2014年12月27日

世間に名を轟かせる (未遂)

最近思うのに、
無名のままにおわってもどうという事もない、
と。

それがすっと受け入れられるようになってきた。
これを、歳を取ったというのかもしれない。

社会から傑物と思われたいし、それだけの活躍をしたい
それだけの自分でありたい、そうあることができる
という意欲は若いうちにはあった。

ただ、世間一般にこういう場合のイメージとして
有名になる、とか、一番になる、という事だろうが
それは出来合いのフィールドでの話という事になる。

自分の場合には、世間の気づいてないものを見つけ出す、
(考え方、事象への光の当て方などについて)
いわば社会学的事案で世の中に光を当てたいと
思ってきた。

不遜を顧みず言えば、
孔子が世の中に送り出したようなもの目指した
という事になる。

物理の世界で言えば、
コペルニクス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン
という事である。

無論、彼等は子供の時からの大天才であったようであり、
当方とは比べようもない。

ただ、追い求めようとしたのは、彼等のような結果というより
彼等のようなモノの見方、それまでの常識からは出てこない、何か、
という事であり、その何かを具体化しようとする姿勢である。

歳をここまで重ねて、
その姿勢は確かに追い求めてきたのであり、
いまここまでの所結果に繋がってないという事は事実であっても
それを口惜しいと思うつもりもなく、
まあ、そんなことは世間に一杯あると感じているという事だ。

大事なことは、自分の信じる事を一生懸命やることであり、
それが回りに迷惑をかけなければそれでいいのではないか。

そういう見方になってきたという事である。

そんなわけで、冒頭に書いた通りに無名のままに終わりそうだ。
(笑)

せめてもの、「セミのションベン」がこの記事という事になろうか。
(笑)(笑)

ただ、一方で、感じるに

若いうちは「世間をあっと言わせる」という衒気は必要だろうし
その意気込みがないと、自分自身の生き方としても輝かない。

という事で、ガンバレ 若い人たち。
posted by 得鰤日々 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108605882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック