2015年10月27日

マルチナ・ヒンギス選手と遭遇 …

往年の名テニスプレーヤー、マルチナ・ヒンギス、と言っても実はまだダブルスは現役でUSオープンでは確か世界ランキング一位だったと思いますが、シンガポールのホテルで遭遇しました。

…と、思うのだが…、(^^;; 
というのがまぁ真相ではありますけど。

マリーナ・ベイ・サンズの屋上階のプールから自分の部屋に引き返す時、偶然に同じエレベータに乗り合わせてきた男女が居たのですが、その女性がヒンギス選手にすごく似ていました。

あれ、もしかして?とおもわずマジ問い顔のこちらに、向こうは「エヘヘばれたか」、みたいな感じの表情を一瞬したのですが、さすがにこちらも「ホンマにホンマか?」と思っているうちに「知らん顔」になり、そうなるとあらためて「もしかして、…」とも切り出せず、そのままになってしまいました。

屋上57階から、先方は54階への移動で、まぁほんの20秒位だったし、こちらもバスローブ姿というなんともシマリのない格好だったので、審議未詳の状態で終わったのは、やむを得ないと言えばやむを得ないのですが、だんだんと「やっぱり、あれ、ヒンギスだった」という感が確定しています。

ヒンギス選手は、私も観戦に行った、WTAファイナルのダブルス部門に参加しておりシンガポール滞在中、また、マリーナ・ベイ・サンズホテルはそのWTAファイナルのスポンサーでそこに泊まっていてもおかしくない。また、54階の高層階は高級なお部屋の階。背格好もちょうどヒンギスくらいで、スパッツにジョギングシューズというスポーツ選手がリラックスした時に着そうな服、かろやかな身のこなし、顔も酷似、と、状況証拠がそろっている様にも思うわけです。

後から考えれば、「もし、間違っていれば失礼ですが…」と聞いてみれば良かったとも思うけど、なんだか連れの男性がいて、こちらはバスローブ姿で、なかなか問いかける事自体がちょっと憚られる感じもあり、シカタナカッタという所ではあります。

てなわけで、ここにこんな記事を書いて、あれは絶対ヒンギスだったよなぁ、ちゃんと問いかけて、握手でもしてもらったらよかったぁ、と、せめてもの妄想を楽しんでいるわけであります。

(^^)
posted by 得鰤日々 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記