2013年05月30日

酵素と野菜ジュース

いろいろと本を読むと

どうやら抗酸化作用のある食事は
ガンの療法として有効であるように思われ

抗酸化作用を機能させるには酵素が大切で
それは生の食材の方がよさそうだと言う事で
昨日ミキサーを購入していたのだけれど
本日試用。

水100ccほど、黄パプリカ1/4
細いダイコン1/3、フリルレタス5枚
人参小2/3をミキサーにかけた。

どうもジュースという感じでなく
摺り下ろし野菜という感じで飲むには難あり、
また思ったより沢山の量となり

市販の野菜ジュースを混ぜたり、豆乳をまぜたり
しながら飲むと結構おなか一杯になってしまった。

今後いろいろ工夫が必要。
posted by 得鰤日々 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

プチ断食

癌細胞はどうやら血中のブドウ糖をエネルギーにしている
という事で、兵糧責めの感覚でプチ断食をしている。

放射線治療が8:40から始まるのでその側面支援
という感覚で、前後12時間絶食のつもりだったが
(つまり夜8:30前後の1食にするという事)
やはりどうも体が疲れる。

夜1食というのはその時食べ過ぎという感じもあるので
放射線の3日目からは治療後6時間絶食として
14:30頃一度食べることとし、それを1日やった後は
14:30でなく12:30あるいは13:30に一度
食事(野菜ジュース等)を取ることにした。

この昼食前はやっぱりどうもだるく気力も湧いてこない。
本日も11:30頃から軽く仮眠をとった。
16分+6分の連続で。

食事の後は体がシャンとしてくるのが
このプチ断食がガン細胞にもダメージを与えている
という気もするが
一方で体にもあまり良くないような気がしてきて
それ程確信はない。

食に関しては医者は感心がないのが普通のようで
プチ断食のガンへの効果は科学的なデータとして
用意されているものは何もない。

体重が減ってくるのも考え物なので
それだけは指標にして続けてみるつもりである。
posted by 得鰤日々 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

放射線治療 7日目

本日は治療前の予約表のバーコードの読み込みが
治療の直前まで行われず
なんだかちょっと雑な感じがあったが

治療が始まると
機械の稼働が始まってしばらくの間
どうも動いてない様子。

1〜2分ののち
一度機械が離れて再度セットされた。

なんだかちょっと不安になるプロセスだが
最後にでてくる遮蔽の形がいつも通りだったので
多分いつもどおりの治療だったのだろう。

最後に出てくる遮蔽というのは
幅5mmほどの金属が
英語のBを塗りつぶした格好の形の隙間を残していて、
体の上に覆い被さってくる機械の硝子窓の向こうに見える。

終わった後で時間を確認すると
いつもより2〜3分余分に時間がかかっただけのようで
もっと長い時間だったように思っていたのだが
人間の感覚はなかなか当てにならない。
posted by 得鰤日々 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

MLB インターリーグ

3日ほど前からMLB(米大リーグ)の野球中継で
日本人の居ないチーム同士の放送があるので
不思議だと思っていたが

どうやら同地区対決の特集らしい。

ニューヨークのサブウェイシリーズ
ヤンキースvsメッツ
は本日で3ゲーム連続。
これはまあイチローや黒田がいるのでよくあるが

昨日はカルフォルニアのLA
フリーウェイシリーズで
ドジャースvsエンジェルス
ここはどちらも現在日本人はいないチーム

本日はサンフサンシスコ地区の
ベイブリッジシリーズで
ジャイアンツvsアスレチックス
この対戦も日本人のいないチーム同士だが
ジャイアンツの投手リンスカムが
トレードマークの長髪を短くしていて
ちょっと驚いた。

日本でも最近はパリーグとセリーグの対戦が定例化しているが
大リーグのアリーグ(アメリカンリーグ)と
ナリーグ(ナショナルリーグ)の対戦は結構前から行われている。

同地区対決はなかなか客の入りも良さそうだ。
posted by 得鰤日々 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月22日

第1回放射線治療

5/20の放射線科での診察の時に
できるだけ当てる範囲は小さくして欲しい
と要望を出しておいたのだが(#4Rに限定)

外科の先生と相談してみるという事で
どういう治療計画なのか不明なまま
本日の1回目の照射となった。

治療詳細を見ると対向2方向という事
になっているので、前後から当てている。

4方向から当てることができる機械
の様なことを言っていたのだが…。

機械の照射用(?)窓は4cm角くらいだったが
肌に書いたマーキングでいうと
9cm角くらいの範囲を照射後帰宅して
30分くらい冷やしてくれとのこと。
日焼けのような症状が出てくるらしい。

日焼けなら焼けてすぐ冷やした方が良い。
予め言っていてくれたら、直後から冷やせる様に
工夫しておいたのに。

病院はそこまで患者がやると思っていないのだろうか。
どうもやっぱり、治療「ルーチン」にはまっていて
あまり細やかな気遣いができるところではないのだろう。
病院ってやつは。

まあもうなるようにしかならぬ。
20回に回数を減らしただけで良しとしよう。
それにしても、本日の治療費15,420円。
なかなかに高い。
20回分ならば約30万となる。
これも高額医療費の補助の対象になるのだろうか?

実際の照射時間は10分くらいの感じ。

本日は、朝8時頃に朝食を取りその後はお茶と水だけ。
これは癌細胞がブドウ糖をエネルギー源にしているので
できるだけブドウ糖を減らして治療にあたろうとの意図。

ただ、いろいろ本などを読むと
抗酸化酵素の働きに期待したいようにも思われ
昨日の時点では昨日の夕食後今朝は絶食のつもりだったが
思い直して、野菜ジュース、豆乳、バナナを取った。

治療に行く前には抗酸化力を支援するという
ビタミンE、Cのリッチな焼き海苔を3枚。

これがいい方向に行くのかどうか
サッパリ保証の限りではないが、
今後共にいろいろと思考、調査を重ねながら対処
していくことになる。
posted by 得鰤日々 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記