2010年06月07日

人生と 自慢

あまり自慢ばかりする人はハナに付くが

(まあ、これには、
 人の話を聞かずに…
 ってのがついて、それで嫌がられるのが多いとも思う)

自慢を 無邪気に しあいっこ 
という
大らかな社会の方が愉快に過ごせるような気もする。


私は、どちらかというと

「自慢をする人」をツマラン奴 と見る家庭文化で育ったので
どうも自慢話の雰囲気が出ると居心地が悪い。
人の自慢話はまだしも、自分では自分の自慢話をしたくない。

自慢でなくても、
あれこれ 自分の方から話をするのも
沢山しゃべると、なんだかちょっと自分に居心地が悪い。

でも、一方で、
まぁ、いいじゃないの、自慢くらい
お互い 自慢しあって、 誉めあって
そのほ〜がいいんじゃない? って
吹っ切れた様に思うのです。

ねぇ… (^^)
い〜〜んじゃないかなぁ、そういうのも。

まあ、つまりは、それによって
おおらかな社会ってのを実現させたいのですけどね。
posted by 得鰤日々 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月04日

気力の充実

平和な人の世では ついつい忘れがちになることもあるが

生きていくということは本来 気力が充実してなければ適わない
という側面がある。

太古の昔には、食料確保が大変であったし
他部族との抗争、野獣との闘い、天変地異との闘い
どれも気力が必要であった。

現代では、
仕事をなんとなくこなしていればそれなりに生計がたつ
という側面もあるので
タマに面倒な事がおこるとつい逃げ腰になったりする。

しかし、こころの持ちようとして、
「生きていくということは本来 
  気力が充実してなければ適わない」

ということを腹蔵しているならば
瞬時に気力充実の状態に持っていけるような気もする。

また、気力をもって仕事をすることは
生きることの密度を濃くすることでもあるように思う。

気力の発揮は人生の醍醐味である。
そう思って生きていきたい。
posted by 得鰤日々 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月02日

いろいろな生き方について

人生の送り方は人さまざまで

芸能界を目指す人もいれば、農業を目指す人もいる
コック、パイロット、画家、サラリーマン、様々な目標や満足がある。

芸能界だって、人から認められるのが嬉しいという人もあり
人を笑わせるのが好きというのもあり、
歌を歌いたい、演劇の魅力にとりつかれた、名声はどうでもいい
というのもある。

それぞれ、自分の人生の実感の仕方が違うということだ。
これは有難いことで、
皆が同じ事でしか人生の実感を味わえなければ
とんでもない競争になるのではなかろうか。

考え方一つで、何が人生に満足をもたらすかは違ってくる。
その考え方がころっとかわる事もある。

名声・名誉にとりつかれていた人が、ある時家族の大切さに気づく
というのは映画などでもよく取り上げられるパターンだ。

ただ、自分の存在をまず自ら実感したいというのが
どの人生であれ人間共通の望みであるようにも思える。

そう考えると、どんな人生であれ、
自分が納得できるかどうかが一番大切だということになる。
(無論、そのために人を犠牲にしていいということはない。)

その納得感が何によって得られるかは人によって様々だ。
哲学を追い求めるのも、数学にとりつかれるのも
坊さんになるのも、内なる欲求のなせるわざだ。
これらの生き方には他人の評価はあまり介在する余地がない。
自ら内包する絶対的な希求感というものを追求することになる。

ただ、あまりにそういう絶対的なものを追うと
人間、動物、生命に天から与えられたものを軽視してしまうかもしれない。
食を取らず、睡眠を削り、精神的なものに傾注してしまい勝ちとなる。
食欲、睡眠欲、色欲、それらは天から与えられたのであって、
極度に軽視してしまうとやはり「生の本質」を外す認識しか得られないし
自らの「生」を軽視して、命を自ら絶つということになるのではないか。

人間はつい、
自分の人生に悲観し、俗悪なものを否定し、他人への面当てに
自殺をしてしまったりもする存在であるが

やはりどうやら自殺というのは「本解」ではないように思える。

(「本解」は「正解」に近い概念として出した。
 正解というと何か一つだけ正しい解というような響きがあるので避けた。)

いわゆる「俗」を否定せず、
それを大きく取り込んでなお「生の本質」をしっかり見つめる
そういう立場で、満足のいく人生 というやつを送りたいものだ。

「生の本質」を考えるときに私は歴史を考える。

弥生時代、室町時代、江戸時代、いや昭和初期にだって夢みてなかったような
豊かな時代を今我々は送っている。

昔から比べれば、
王侯貴族でさえ食べることの出来なかったご馳走を
我々は毎食食べている。
(平均的な家族でも、普通に食べることができる、というべきか)

では、昔の人より今の人は幸せなのだろうか。

その観点が私の頭を離れることは無かったし、
今後もないだろうと思うのである。
posted by 得鰤日々 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記